ランチ日記byブル@溜池山王

アクセスカウンタ

zoom RSS 肉料理 松坂 赤坂本店 〜鉄板の醍醐味〜

<<   作成日時 : 2006/06/05 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
今日のお昼はニシに奢ることにしよう

というのも今日の午前中
経費で落とせると思い込んでいたものが
落とせないということが発覚したのである
即ち・・・自腹
判った瞬間
経費は落ちないが
ニシの肩はガックリ落ちたのである
「ニシ、元気出せよ」
恨めしそうに俺を見るニシ
「・・・・・」

ちょっと訳があって
俺も少しだけ責任を感じるところもあるので
まあ、お昼ぐらいは奢ろう

コタロくんとダイスケに声をかける
「松坂に行かない?」
「え、何の店ですか」
「松坂と言えば・・・肉」
「は?」
「松坂と言えば牛だろ」
「高くないんですか」
「夜は高い」
「行ってみましょうか」
「行きますか」
よし
「ニシ、まあお昼行こうよ」
「・・・行けません」
「ごちそうするよ」
「え?」
「いいから行こうぜ」
という訳で4人で出る

少し歩いて到着
道路に出ているメニュー看板に見入る3人
「お、ハラミ200gジャンボステーキ・・これだな」
早々と決めるコタロくん
「よし、じゃあ行きますか」
本日、肉料理 松坂 赤坂本店赤坂4-3-28 ディアプラザ赤坂B1
「いらっしゃいませ」
「4人です」
「えーと、あちらにどうぞ」
4人がけの席へ

一応メニューに目を通し
コタロくんが口火を切る
「ジャンボステーキランチ下さい」1200円也
「僕も」
「同じく」
コタロくんに続くダイスケとオレ
そしてニシ
「ハラミ特盛ビビンバセット下さい」1000円也

注文を終えるとコタロくんがすかさず
「すみません、夜のメニュー見せてもらっていいですか」
「はい」

コタロくん夜のメニュー広げると
「うーん、やっぱりこれぐらいするよな」
「どれどれ」
「はい」
目が飛び出る程ではないが
まあ、会社帰りに気軽に立ち寄る店ではないことは確かだな

仕事の話なんかしながら少し待つ
先にジャンボステーキがやって来た
サラダ、スープ付き
ご飯お代わり自由

「ああ、肉が赤い」
ダイスケが情けなさそうに声を出した
そういえばダイスケ
焼肉もだが「良く焼き派」なのであった
「ああ、許せねーなあ」
続いてコタロくんが声を出した
「どうしたの?」
「俺、鉄板で出てきて、こういう風に汁っぽいのって許せないんですよ」
「あ、そう」
「ああもう、腹立つなあ」
俺も何か声を出した方がいいかな、と思ったが
特に無いので
「いっただっきまーす」
まあまあかな
目の前ではダイスケが
「これは大丈夫、これはダメ」
肉を1枚1枚選り分けている
・・・あの赤い肉はどうするのかなあ
なんて思っているとニシのハラミ特盛ビビンバセットが来て
テーブルの網に火がつけられた
お!
ニシのハラミは自分で焼いて食べるタイプだ
「ダイスケ良かったな」
ダイスケ、これで全部食べられるのだ

全体的に濃い味つけでご飯が進み
お代わりしてごちそうさまでした
しょっぱくなった口に
デザートが心地よいですね

支払いを済ませて外に出るやいなや
「俺本当に許せないんですよ
 汁がたっぷりの鉄板
 やっぱり鉄板ていうのはですね、ジュ〜〜って言ってないと
 ジュ〜〜〜〜って」





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
肉料理 松坂 赤坂本店 〜鉄板の醍醐味〜 ランチ日記byブル@溜池山王/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる